コンパクトについて見直す

コンパクトについて見直す

Dietおつけの実際の料理法をご紹介しますので、是非ともこれを元にDietおつけを作り出してみましょう。


原材料として、玉ねぎ 大3こ、キャベツ1/2こ、セロリ 1/2~1本、ピーマン 大1こを用意し、各を一口大にカットしておきましょう。

大きな鍋にベジダブルとチキンおつけの素を1こ、ホールトマト1缶を混ぜ、ミネラルウォータを浸したところで10分程度炊いて、あとはこのみにしたがって火にかけるだけです。

テースト付けに塩ペッパーを混ぜ、もしもお好みならカレーパウダーやチリソースを混ぜてテーストを揃えればDietおつけができあがりです。


Dietおつけは7日間の計画の中で活用するもので、初日はおつけと果樹の日です。

摂食する果樹はバナナを例外としてすべての果樹がオーケーで、水分はミネラルウォータか100%果汁のジュースです。

次の日はおつけとベジダブルのみを摂食する日で、ベジダブルの料理法は油を活用するものでなければ何でも良くて、ベジダブルの種も、豆やスイートコーンを含まなければ何でもOKです。

3日目にはおつけ、果樹、なお且つベジダブルを摂食しますが、Dietおつけ、ベジダブル、果樹どれも好きな量を食することが可能です。

4日目にはおつけ、バナナ、その上スキムミルクを取入れますが、バナナは3本摂食するようにし、ミネラルウォータを多目に飲むのですが、スキムミルクは適量を500CCのミネラルウォータで融かすようにして飲みます。

5日目は、おつけと食肉とトマトの日で、豚肉または皮なしの鶏肉または煮魚を350~700g、トマトは6こ迄摂食してOKです。

6日目には、おつけと牛肉、且つベジダブルを摂食するのですが、牛肉もベジダブルも自制なく食することができて、1杯Dietおつけを飲みます。

最後の日には、ベジダブルと玄米、果樹ジュースを取り入れるのですが、ベジダブル、玄米、100%の果樹ジュースを取入れ、Dietおつけは1杯飲むようにします。

2013年5月 1日|