生地を待ちながら

生地を待ちながら

DIETおつゆの実際の作り方をご案内しますので、是非これを元にDIETおつゆを作り出してみましょう。


素材として、玉ねぎ 大3個、キャベツ1/2個、セロリ 1/2~1本、ピーマン 大1個を下準備し、個々を一口大に切っておきましょう。

大きな鍋にベジダブルとチキンおつゆの素を1個、ホールトマト1缶を付け加え、ミネラルウォーターを浸したところで10分程度煮て、あとはおこのみに伴って茹でるだけです。

テイスト付けに塩胡椒を付け加え、万一おこのみならカレーパウダーやチリソースを付け加えてテイストを整えればDIETおつゆが完成です。


DIETおつゆは1週間の品書きの中で使用するもので、初日はおつゆとくだものの日です。

食べるくだものはバナナを含まない全てのくだものがオッケーで、水分はミネラルウォーターか100%果汁のジュースです。

次の日はおつゆとベジダブルのみを食べる日で、ベジダブルの作り方は油を使用するものでなければなんでも結構で、ベジダブルのタイプも、豆やスイートコーンを除けばなんでもOKです。

3日目にはおつゆ、くだもの、なおかつベジダブルを摂食しますが、DIETおつゆ、ベジダブル、くだものどれも好きな量を飲食することができます。

4日目にはおつゆ、バナナ、次いでスキムミルクを取り入れますが、バナナは3本食べるようにし、ミネラルウォーターをたぷりと飲むのですが、スキムミルクは適量を500CCのミネラルウォーターで溶解するようにして飲みます。

5日目は、おつゆと肉とトマトの日で、豚肉あるいは皮なしの鶏肉あるいは煮魚を350~700g、トマトは6個迄摂食してOKです。

6日目には、おつゆと牛肉、ならびにベジダブルを食べるのですが、牛肉もベジダブルもセーブなく食することができて、1杯DIETおつゆを飲みます。

最後の日には、ベジダブルと玄米、くだものジュースを摂するのですが、ベジダブル、玄米、100%のくだものジュースを取り入れ、DIETおつゆは1杯飲むようにします。

2013年11月30日|