和はありがち

和はありがち

肥満解消法ポタージュの実際の調理法をご紹介いたしますので、如何してもこれを元に肥満解消法ポタージュを作りだしてみましょう。


原料として、玉ねぎ 大3個、キャベツ1/2個、セロリ 1/2~1本、ピーマン 大1個を仕込みし、個々を一口大に細かくしておきましょう。

大きな鍋に野菜とチキンポタージュの素を1個、ホールトマト1缶を加え、水を加えたところで10分程度火にかけて、あとは好みにともなってうでるだけです。

味付けに塩コショウを加え、もし好きならカレー粉末やチリソースを加えて味を調えれば肥満解消法ポタージュが完成です。


肥満解消法ポタージュは7日間のメニュの中で用いるもので、初日はポタージュと青果の日です。

飲食する青果はバナナを抜かして全ての青果がオッケーで、水分は水か100%果汁のジュースです。

次の日はポタージュと野菜のみを飲食する日で、野菜の調理法は油を用いるものでなければどんなものでも構わなくて、野菜の種も、豆やスイートコーンを除外すればどんなものでもOKです。

3日目にはポタージュ、青果、なおかつ野菜を摂食しますが、肥満解消法ポタージュ、野菜、青果どれも好きな量を飲食できます。

4日目にはポタージュ、バナナ、その上スキムミルクを取入れますが、バナナは3本飲食するようにし、水を多めに飲むのですが、スキムミルクは適量を500CCの水で溶かすようにして飲みます。

5日目は、ポタージュと肉とトマトの日で、豚肉あるいは皮なしの鶏肉あるいは煮魚を350~700g、トマトは6個迄摂食してOKです。

6日目には、ポタージュと牛肉、および野菜を飲食するのですが、牛肉も野菜も抑制なく飲食することができて、1杯肥満解消法ポタージュを飲みます。

最後の日には、野菜と玄米、青果果汁を取り込むのですが、野菜、玄米、100%の青果果汁を取入れ、肥満解消法ポタージュは1杯飲むようにします。

2012年5月17日|