ディオールに関すること

ディオールに関すること

冷え性とサプリに関して。

はじめに、冷え性とはどんなものだと考えますか。

冷え性の要因は、毛細血管への血行のわるさです。

指頭まできちんと血潮がめぐらないことで手と足の指頭が低温になり、ひんやり感じる特質が冷え性特質です。

はじっこまで及ばない血潮のながれを軽くするサプリを使用すれば、冷え性に効目が有ります。

手と足がひえて眠れない、冷房装置で夏時でもあんよが冷える等女性に仰山ある苦しみです。

病態が重いと頭痛やむかつき、関節痛にまでなる人もおります。

只の冷えに限定されない、健康に予期しない作用が現出しるのです。


西洋医学には、冷え性という見解はありません。

冷え性という単語はアジア医学で産まれたものなので、病態の助言は漢方医学医に申し出るのも1つのメソードです。

自律神経の衡平が乱れたことなどが要因で、指頭の細やかな血管まで血潮がめぐらなくなることで冷え性になると予想することができております。

更に、冷え性の要因として甲状腺に苦しみがある際もあるようです。

食欲がなかったり、疲労や皮膚荒れなどがある際は、専門のドクターの見立てをうけてみて下さい。


ストレスやホルモン乱れ、疲労等も関わり、更年期障害の病態の1つでもあるようです。

冷え性はどうすれば回復出来ると思われますか。

冷え性には冷えの要因である血行不良を改善するサプリが有ります。

サプリを使って冷え性を改善するには、ビタミンEやC、膠原線維、薬用ニンジンのサプリが一押しです。

何れも血行助長効目があります。

サプリだけで冷え性回復をもくろむのではなく、普段から血行を進ませることが出来るというバンコウカ、肉桂、生姜、ブラックペッパーといった食料品を摂取して相乗効目をもくろむといいでしょう。

2012年3月 3日|