花がニッチ?

花がニッチ?

冷え性とサプリに関して。

最初に、冷え性とはどういうものだと思いますか。

冷え性の証拠は、毛細血管への血の流れの悪さです。

指先まで十分血液が巡回しないことで手足の指先がひえ、ひんやり意識する性質が冷え性性質です。

はじまで行き届かない血液のながれを緩和するサプリを使用すれば、冷え性に作用が存在するのです。

手足が冷たくなって眠りことが不可能、エアコンディショニングで夏でもおみ足がひんやりする等女性に数ある問題です。

病態が重いと頭痛やムカツキ、関節痛にまでなる人もいるのです。

只の冷たくなることだけでなく、健康にデメリットが現れるのです。


欧米医術には、冷え性という見解は有りません。

冷え性というワードは東洋医術で産み落とされたものなので、病態の判断は漢方医学医に頼るのも1つの方法です。

自律神経系のつりあいが失われたことなどが証拠で、指先の細やかな血管まで血液が巡回しなくなることで冷え性になると見込まれているのです。

さらに、冷え性の証拠として甲状腺に問題がある場合もあるらしいです。

空腹感がなかったり、だるさやスキン荒れなどがある場合は、専門医の問診をもらってみて下さい。


ストレスやホルモン変調、だるさ等も結び付き、閉経障害の病態の1つでもあるらしいです。

冷え性はどうすれば改善出来るんでしょうか。

冷え性には冷たくなることの証拠である血の流れ不振を緩和するサプリが存在するのです。

サプリを用いて冷え性を緩和するには、ビタミンEやC、コラーゲン、紅参のサプリがおすすめです。

みな血の流れ強化作用があります。

サプリだけで冷え性改善を狙うのではなく、ふだんから血の流れを促すというサフラン、桂皮、生姜、黒こしょうといった食料を摂って相乗作用を狙うと良いです。

2012年5月18日|